患者様の声

■腰部から足へのしびれにお困りの方へ!

カイロ・整体治療

伊丹市 安堂寺町 南野 野間 野間北 車塚 南鈴原 稲野

こんにちは、すぐる整骨院です。

坐骨神経痛とは腰部椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、変形性腰椎症など
背骨から出る神経が圧迫を受けて、坐骨神経に沿ってでる症状です。
原因は様々で、椎間板の異常や背骨の変形、筋肉の弱りなど…
これらの原因をしっかり治療しなければしびれはなかなか取れません。
当院ではそれらを鑑別し、適切な治療を行います。
深部の筋肉を緩めるために鍼治療、歪みがあるなら矯正をし正しい姿勢に、また左右の筋肉のバランスが悪ければ当院独自の筋肉トレーニング法を取り入れていきます。
体の土台がしっかりすれば、その後不調も出にくい体へと変わっていきます。

しびれでお悩みの方は当院スタッフまでご相談ください。

**************************************************
交通事故むちうち・骨格矯正・マッサージ・肩こり・
腰痛・整体・EMS・楽トレ・鍼治療・美顔鍼のことなら
すぐる整骨院へご相談ください!
尼崎市からもご来院多数!
伊丹市(安堂寺町・南野・野間・野間北・車塚・南鈴原・稲野)
すぐる整骨院https://suguru-itami.com/
伊丹市安堂寺町7-2-2
072-785-2788
**************************************************

■鍼治療でなぜ良くなるの?

新着情報

伊丹市 安堂寺町 南野 野間 野間北 車塚 南鈴原 稲野

こんにちは、すぐる整骨院です。

先日、なんで肩こりで鍼なの?ぎっくり腰の時に鍼?頭痛が変わるの?等の疑問をお聞きしましたので、今回は鍼治療のメカニズムについてお話ししようと思います。

まず、患部に鍼をするとその組織や器官の機能を回復させる作用がが働くことが分かっています。人間の身体にはもともと自分の力で自分の身体を良くする力である、自然治癒力というものが備わっています。この働きを強くするのが1つです。

もう1つとして、身体の血流の流れをコントロールする作用があります。足りないところから、多くなっているところへ程よく血を移動させる作用があります。

また、鍼のような外部刺激が身体に加わる事で、白血球など身体を守ろうとする防御作用の働きが強くなります。そのため免疫作用が活性化し、病気になりにくい身体作りができるわけです。

様々な症状に長けた治療である鍼治療のメカニズムについては現在も日々研究が続いています。

鍼治療に興味のある方は是非スタッフまで!

**************************************************
交通事故むちうち・骨格矯正・マッサージ・肩こり・
腰痛・整体・EMS・楽トレ・鍼治療・美顔鍼のことなら
すぐる整骨院へご相談ください!
尼崎市からもご来院多数!
伊丹市(安堂寺町・南野・野間・野間北・車塚・南鈴原・稲野)
すぐる整骨院https://suguru-itami.com/
伊丹市安堂寺町7-2-2
072-785-2788
**************************************************

■下半身の太り、冷え、むくみ その原因は骨盤の歪みかも!?

カイロ・整体治療

こんにちわ!伊丹尼崎のすぐる整骨院です。

下半身の問題は骨盤の歪み!
骨盤が歪むと左右の足のバランスが悪くなり、筋肉に余計な負担をかけてしまいます。そうなると効率の良い代謝が行えず、脂肪は燃焼しにくくなり、お尻や太ももが太ってしまいがち。
脂肪が多く筋肉が少ないと、筋肉によって押し出される血液の流れは悪くなり、冷えやむくみを起こしてしまうのです。

骨盤矯正で問題解決!
当院ではオリジナルの骨盤矯正に加え、筋力トレーニングも合わせて行い歪みのない体へ導きます。
下半身の太り、冷え、むくみの改善!ヒップアップ、ウエスト引き締め、下半身痩せ、の効果!実感したい方は是非当院へお越し下さい!

伊丹市 安堂寺町 南野 野間 野間北 車塚 南鈴原 稲野

すぐる整骨院
https://www.suguru-itami.com/
伊丹市安堂寺町7-2-2
072-785-2788

■変形性膝関節症は男性よりも女性に多い理由とは?!整体 EMS 鍼 美顔鍼

カイロ・整体治療

伊丹市 安堂寺町 南野 野間 野間北 車塚 南鈴原 稲野

すぐる整骨院
https://www.suguru-itami.com/
伊丹市安堂寺町7-2-2
072-785-2788

膝痛というのは膝関節の痛みです。この小さな関節に体重の負荷がかかりますが、滑らかな軟骨が摩擦をやわらげたり、靭帯や筋肉のサポートで衝撃を和らげています。
しかし、軟骨への過度なストレスで膝痛が起きてきます。軟骨へのストレスとは冷え、肥満、過去のけが、O脚やX脚、運動や仕事による膝への負担、筋力の低下などです。

「立ち上がるときに痛い」「階段の下りや歩き出しのときに痛い」という膝痛のほとんどは「変形性膝関節症」です。膝の内側の軟骨がすり減って、骨同士が接触しやすくなることにより、炎症を起こしたり、骨の位置がズレたりします。
中高年の膝痛の9割以上が、この変形性膝関節症だといわれています。

変形性膝関節症は、男性より女性に多いのが特徴です!
その理由は、
●もともと女性は男性より筋肉量が少ない
●加齢とともに基礎代謝が低下して太りやすくなるため、関節にかかる負荷が大きくなる
●閉経とともにホルモンの分泌が減少し、骨が弱くなる
などがあげられ、進行すると、激しい膝の痛みで歩けなくなり、関節の変形につながります。
そのため痛みを感じないときから、膝痛予防をすることが肝心です!

-予防1-
正しい歩き方を習慣づける!
正しい歩き方とは前に脚をだしたときに膝が伸びていること。膝を曲げたまま歩いていると、ある一定の部分だけに負荷がかかり、膝の皿(膝蓋骨)が不安定になって膝痛を起こします。
前足はかかとからついて、後ろ足は母趾でしっかり蹴りだします。
かかとからついて重心を移動させると、膝が自然と伸びます。

-予防2-
大臀筋、内転筋、大腿四頭筋のトレーニングをする!
脚筋すべての筋力の低下が膝痛に影響します。中でもお尻の筋肉である大臀筋と、広い範囲で脚をサポートする内転筋、膝関節の衝撃から膝を守る大腿四頭筋の筋力の低下が関係しています。

痛みや変形が強く出る前に早めの予防をしていきましょう!
膝の痛みでお悩みの方は当院までご相談ください!

交通事故、矯正、マッサージ、肩こり、腰痛なら
すぐる整骨院
https://www.suguru-itami.com/
伊丹市安堂寺町7-2-2
072-785-2788

お問い合せ

平日 午前 8:30~12:00 午後 15:00~19:30
土曜 午前 8:30~13:00 日祝休み

お問い合せ