交通事故治療

兵庫県 伊丹市・尼崎市近辺でむちうち・腰椎捻挫などの交通事故治療でお困りの方はお気軽にご相談ください。
当治療院は交通事故専門分野を得意としており親身になってご対応させて頂きます。
知識も豊富ですので自賠責保険のご相談もお任せください。

ひとつでも当てはまっていたら当院にご相談ください

  • 首や肩がだるく、いつまでも治らない
  • 手、腕、腰、足などに痺れ(しびれ)がある
  • 頭痛、めまい、吐き気、ふらつきの症状を感じている
  • 視力低下、後頭部の痛み、眼のかすみなど
  • 起きたときに体に痛みを感じる
  • 座っているときに背中や腰が痛い

以下のようなケースにおいて、自賠責保険を活用して無料で治療を受けることが出来ます。

自分から相手に追突してしまった
相手から追突された
知人の運転する車に同乗していて事故にあった
自転車に乗っていて車に追突された
ガードレールにぶつけるなどの物損事故を起してしまった
玉突き事故にまきこまれた
車のドアに指を挟んでしまった

交通事故の後に体の不調を感じる場合、まずは一度お問い合せください。
自賠責保険が適用され、無料で治療を受けれるケースが多々あります。

交通事故・むちうち治療はどこの整骨院も同じではありません。
通院・転院の手続きは、お電話一本と簡単です!
ご自分が希望する整骨院で、治療を受けることが可能です。

当院の交通事故治療

当院は交通事故の治療に関して豊富な経験知識を持っております。
あらゆる交通事故・むちうち治療してきた専門スタッフが、被害に遭われた方のお気持ちになって誠意を持って治療をさせて頂きます。

「むち打ち症」と言う病名はございません。 一般的に交通事故によって起こる頚部の痛みを「むち打ち」や「むち打ち症」と言いますが、”外傷性頚部症候群”を「むち打ち症」と理解されている事が多数です。 小さなものですと、レントゲンには現れませんが、数年後に痛み出すケースもあります。

交通事故治療の自己負担金は0円です。患者様が治療費を負担することは一切ありません。 又、治療期間は特に制限は設けられていませんので完治するまで通院してください。 専門スタッフが在籍していますので、自賠責保険や慰謝料のご相談にも応じます。

●交通事故に遭われた場合、物損扱いするように頼まれてもはっきりと断ることが大切です。人身事故の証明となる(事故証明)を必ずとることをお勧めします。

●交通事故から2週間以上経った後、むち打ちや腰痛など痛みが出てくる場合もありますので、早めにご来院下さい。

●自賠責(交通事故治療)での治療期間には、はっきりした決まりがありません。むち打ちや腰痛などの症状が治癒あるいは症状が固定の時期までしっかり治療を継続し、出来る限り交通事故の後遺症を残さないようにしましょう。

交通事故治療の流れ

(1)警察への通報

事故にあった場合、事故の大きさに限らず必ず、警察に届け出ましょう。
負傷者の有無を確認し、負傷者がいる場合はすぐに救急車を呼んでください。

保険の支払い等に必要な「交通事故証明書」が、通報しなければ発行されませんのでご注意ください。
こちらが被害者で負傷があれば、「人身交通事故扱い」の届け出を、後日電話でも構いませんので行ってください。

(2)相手の確認

警察の到着までの間に相手の車検証・免許証を確認してください。

【確認項目】
●相手の住所・氏名・電話番号・免許証の登録番号
●相手の勤務先と雇い主(業務中の交通事故の場合、原則として雇い主にも賠償責任が発生します)
●こちらが被害者の場合、加害者が加入している自賠責保険・自動車保険(任意保険)の会社名・証明書番号などを確認。
相手が無免許の場合や、自賠責保険や任意保険に加入してない場合もあるため、警察も確認しますが自分でも確認する必要があります。

(3)目撃者がいるかどうか

目撃者がいる場合は、その方の名前と連絡先を確認し、後日改めて交通事故の証言をお願いする場合があることを伝えます。
できればお願いをして警察が来るまで待ってもらえると良いでしょう。

(4)交通事故の記録

できるだけ詳しく記録し、携帯電話やスマートフォンなどで写真を撮っておきます。

【確認項目】
●交通事故発生の日時・状況
●交通事故現場の住所・周辺の状況
●相手の車両ナンバー・自分の車両のキズ・相手の車両のキズ(数枚程度)
賠償交渉の時に、お互いの言い分が食い違ったりすると、解決するまで時間かかってしまう場合があります。
なるべく証拠として使える記録を残します。また、説明が曖昧だと不利な状況になる場合もあります。
後で悩まないように自分で整理しておく事が大切です。

(5)加入している保険会社へ連絡

必ずご加入の保険会社へ、連絡をしてください。
交通事故の場合、保険会社の多くが24時間受付をしています。

(6)医療機関への受診

交通事故の場合、事故直後は交通事故によるショックや緊張の為、自覚症状がなく、後日、気分が落ち着いた頃から体の痛みや、不調を訴えられる方が多くなっています。
通常、交通事故後1~2週間以内に医療機関を受診されれば交通事故に起因する痛みと認定されますが、交通事故後1ヶ月を超えて受診した場合、交通事故との因果関係を証明しにくくなり、慰謝料や治療費等の保証を受けられない可能性もあります。

交通事故後、少しでも痛みや不調を感じられたら、できるだけ早く医療機関を受診することをおすすめ致します。

(7)当院へご連絡

病院(整形外科)との転院(併用)をご希望される方は、お気軽にお電話ください。スタッフが万全の体制で対応します。
交通事故に遭って、人身事故扱いになってから2~3日でご連絡ください。

電話:072-785-2788

(8)相手の保険会社にすぐる整骨院で治療を受けることを伝える

相手の保険会社に「近くのすぐる整骨院で治療を受けます。」とご連絡ください。
保険担当者によっては、転院を認めたがらない方もいます。しかし、医療機関を選ぶ権限は、患者様にあります。
担当者に断られることがありましたら、当院までご連絡いただければ、こちらで対応いたしますのでご相談下さい。

(9)当院での治療開始

ヒアリング・治療内容の説明~交通事故・むちうちの治療を行います。
お体に無理のないように、マッサージ、ストレッチ体操、筋力回復トレーニングなど、丁寧に施術します。
他院で治らなかった方もご相談ください。
又、後の治療内容や、保険会社さんとのやりとりについてお話します。

(10)お見送り

交通事故の治療費負担はありません。次回の来院をお待ちしております。
完治するまで通院していただいてもまったく問題ございません。

交通事故治療の患者様の声を聞いてみる

■交通事故 事故後による体の不調 事故後の対応 などでお困りの方はぜひ伊丹尼崎のすぐる整骨院へ!整体 EMS 鍼治療 美顔鍼

交通事故

伊丹市 安堂寺町 南野 野間 野間北 車塚 南鈴原 稲野

2週連続で連休がありますが連休でどこかへお出かけされる方は多いのではないでしょうか?
お出かけの時に気をつけたいのが交通事故!!
いつもより車の量が増えるため交通事故が増えてしまいます。
また、どれだけ気をつけていても起きてしまうのが交通事故です。

そこでもし交通事故に遭ってしまったら、何をどうすればいいのか!

今回はそんな方のために事故直後にやっておくべき事をお伝えしようと思います。

もし事故に遭ってしまったら、以下の事を必ずやっておきましょう!

1.加害者の氏名、住所、電話番号の確認
2.加害者の車の登録番号、所有者の確認
3.加害者の加入している保険会社の確認(被害者であっても自分の保険会社にも報告をしておきましょう)
4.事故現場の様子を写真に納めておく(事故の過失割合を決める時に証拠となりますので、デジカメやスマートフォンなどで撮っておくことが望ましいです)

5.警察へ必ず連絡する(法律上の義務になっています。どんなに小さな事故でも必ず警察へ連絡しましょう。また警察に届けなかった場合、保険金請求や事故の治療が困難になる場合もあります)

6.医師の診察を受ける(事故後何ともなくても数日後に症状が出る場合もありますので医師の診察は必ず受けておきましょう)
事故状況あるいはケガの重症度によっては、事故直後にこれらの事項を全て確認できない場合もあるかと思います。

その場合は、少なくとも相手方の氏名、電話番号、車両の登録番号だけでも確認しておきましょう。

確認が出来るようでしたら以上の6つは押さえておくことが望ましいです。

事故後は、痛みがなくても放っておかずに一度すぐる整骨院までご相談ください。

身体面だけではなく、法律面からもサポート致します。

交通事故、矯正、マッサージ、肩こり、腰痛なら
すぐる整骨院
http://www.suguru-itami.com/
伊丹市安堂寺町7-2-2
072-785-2788

■交通事故 事故によるケガ 首痛 むち打ち 腰痛 などでお困りの方はぜひ伊丹尼崎のすぐる整骨院へ!整体 EMS 鍼治療 美顔鍼

交通事故

伊丹市 安堂寺町 南野 野間 野間北 車塚 南鈴原 稲野

この時期はお盆休みでお出かけされる方も多いと思います。
交通量がいつもより増え事故も増えてきます。
どんなに気をつけていても、巻き込まれる可能性を0には出来ない交通事故。
そこで、今回は交通事故の対応の仕方について!

特にクルマ同士の事故では、スピードが出ていて怪我の可能性も高くお互いにどちらが悪かったかなどの水掛け論になりがちです。
しかし、保険などのことを考え過失割合などの計算の前に、まず最初に考えるべきなのは『自分自身のカラダ』のことです。

決して、その場で示談をしないで下さい!

相手に頼み込まれたから。
こちらも、少しは悪かったので。
急いでいて大した傷もなく面倒だったので。

様々な理由で警察に届け出ずに、その場で示談をしてしまうケースがあります。
しかし交通事故直後には自覚がないが、数日経ってからむちうちや最悪の場合では後遺症や後遺障害に一生悩まされるリスクもあります。

どちらに過失があるにせよ、保険の過失割合などはカラダが無事でいての話が前提のはずです。

一生後悔することにならないように、必ず警察に届け出てきちんと病院で検査を受けて下さい。

交通事故、矯正、マッサージ、肩こり、腰痛なら
すぐる整骨院
http://www.suguru-itami.com/
伊丹市安堂寺町7-2-2
072-785-2788

お問い合せ

平日 午前 8:30~12:00 午後 15:00~19:30
土曜 午前 8:30~13:00 日祝休み

お問い合せ