2018/12/03
変形性膝関節症は男性よりも女性に多い理由とは?!整体 EMS 鍼 美顔鍼

伊丹市 安堂寺町 南野 野間 野間北 車塚 南鈴原 稲野

すぐる整骨院
https://www.suguru-itami.com/
伊丹市安堂寺町7-2-2
072-785-2788

膝痛というのは膝関節の痛みです。この小さな関節に体重の負荷がかかりますが、滑らかな軟骨が摩擦をやわらげたり、靭帯や筋肉のサポートで衝撃を和らげています。
しかし、軟骨への過度なストレスで膝痛が起きてきます。軟骨へのストレスとは冷え、肥満、過去のけが、O脚やX脚、運動や仕事による膝への負担、筋力の低下などです。

「立ち上がるときに痛い」「階段の下りや歩き出しのときに痛い」という膝痛のほとんどは「変形性膝関節症」です。膝の内側の軟骨がすり減って、骨同士が接触しやすくなることにより、炎症を起こしたり、骨の位置がズレたりします。
中高年の膝痛の9割以上が、この変形性膝関節症だといわれています。

変形性膝関節症は、男性より女性に多いのが特徴です!
その理由は、
●もともと女性は男性より筋肉量が少ない
●加齢とともに基礎代謝が低下して太りやすくなるため、関節にかかる負荷が大きくなる
●閉経とともにホルモンの分泌が減少し、骨が弱くなる
などがあげられ、進行すると、激しい膝の痛みで歩けなくなり、関節の変形につながります。
そのため痛みを感じないときから、膝痛予防をすることが肝心です!

-予防1-
正しい歩き方を習慣づける!
正しい歩き方とは前に脚をだしたときに膝が伸びていること。膝を曲げたまま歩いていると、ある一定の部分だけに負荷がかかり、膝の皿(膝蓋骨)が不安定になって膝痛を起こします。
前足はかかとからついて、後ろ足は母趾でしっかり蹴りだします。
かかとからついて重心を移動させると、膝が自然と伸びます。

-予防2-
大臀筋、内転筋、大腿四頭筋のトレーニングをする!
脚筋すべての筋力の低下が膝痛に影響します。中でもお尻の筋肉である大臀筋と、広い範囲で脚をサポートする内転筋、膝関節の衝撃から膝を守る大腿四頭筋の筋力の低下が関係しています。

痛みや変形が強く出る前に早めの予防をしていきましょう!
膝の痛みでお悩みの方は当院までご相談ください!

交通事故、矯正、マッサージ、肩こり、腰痛なら
すぐる整骨院
https://www.suguru-itami.com/
伊丹市安堂寺町7-2-2
072-785-2788