2021/04/15
テレワーク、デスクワークによるストレートネック

伊丹市南野、安堂寺町でテレワーク、デスクワークによるストレートネックでお悩みの方はすぐる整骨院にご相談ください!

 

 

こんにちわ!伊丹市安堂寺町7-2-2にあるすぐる整骨院の院長、面田です😊

ストレートネックーーー聞いたことのある方も多いことと思われますが今ではスマホ首とも呼ばれます(これは、スマホを見る時手元に視線を落とすことになり頭が斜め下を向き、その時に頭が落ちないよう支えて首がまっすぐになるためです)

元々はデスクワークの多い方によく見られる症状でしたが、スマホの普及により更にたくさんの方に見られる症状となりました。

現状、未だ収拾のつかないリモートワークをなさっている方々なども該当しやすいかと思われます。

先日、私も土日を利用しての管理者研修というものをzoomのリモートで体験しましたが長時間同じところを注視するというのはつらいものですね。目の疲れだけでなく、肩首が非常に疲れました。リモートでデスクワークを続けられている方はとても大変かと思われます😰

 

 

【ストレートネックって、どういう状態?】

ストレートネックのお話をするにあたって、まず、頸椎(首の骨)の並びについて説明させていただきたいと思います。

そもそも、頸椎は真っ直ぐではありません。

頸椎が緩くカーブを描き、その上に頭が載っているのが正しい状態となります。

その頸椎の緩やかなカーブがクッションとなることで負荷を分散させ、首にかかる分を減らしてくれるのです。

カーブが失われて真っ直ぐの状態ではクッションがなくなり、首にかかる負荷が100%そのままかかることになります。

図ではこのようになっていますが

  

どう良くないのかイメージしづらいかと思われますので、

どういった負荷がかかるかを体感していただくには

2リットルのペットボトル(中身が満杯の状態)があれば、それを両手で胸に寄せて持ってください。これが「正しく骨盤の上に頭が載っている状態」です。この状態であれば先程説明しましたように頸椎がクッションとなり、身体全体で首を支えていますので負担を大きく減らすことが出来ています。

では次は、ペットボトルを両手で持って前に突き出してみてください。持っているうちに、腕がつらくなってきませんか?

これがストレートネックで頭を支えている状態になります。

(実際には人間の頭は46kgありますので、もっと負荷がかかっています!)

ペットボトルを胸に寄せて持っても前に突き出して持っても同じ重さですが、持ち方によって重さの感じ方は違います。

これが姿勢による首への負荷のかかり方の違いとなります。

頭が前に出ていることで、後ろ側の筋肉で頭を引っ張り、前の筋肉で落ちないように押し上げなければならなくなります。

そうなると、首や肩のあちこちにチカラが入ることになり、痛みの原因となるのです。

何故、自分からわざわざ負担をかけるような姿勢を取ってしまうのでしょうか。

一言で表すと、「その方が楽に感じるから」です。

この歪んだ姿勢が楽だと思い込んでいて、本来の姿勢を忘れてしまっている場合もあります。

人間の首は頸椎が噛み合って、その中を血管や神経が通っています。

その際、本来なら頸椎によって守られている血管や神経が、ズレて噛み合わなくなった頸椎に圧迫される、これがストレートネックです。非常にデリケートな部分に力がかかっていることになるのです。

そこため、こちらに挙げたような症状が現れます。

・慢性の首肩こり

・慢性的な頭痛

・集中力が続かない

・寝違えをしやすくなる

・吐き気

・めまい

・不眠

人によって症状の出方は様々ですが、しびれやだるさが併発することも少なくありません。

例えば、血管を保護するはずの骨がずれて血管を圧迫すると血の流れを悪くした結果、頭がぼーっとする原因となります。

 

 

【ストレートネックが続くとどうなる?】

上記の症状が当てはまる場合、それらによって集中できず仕事の効率が落ちる、仕事がうまくいかないとストレスがたまる、せっかく仕事を終わらせても余暇を楽しめないなど日常生活への影響も無視できなくなってきます。

しびれがあれば、服のボタンを留めることも難しくなりますし、

不眠が続けば運転や仕事のミスを誘発することにもなります。

今すぐ自力で出来ることとしては、スマホやタブレット、パソコンを触っている時には目線を上げることを意識しましょう。

スマホ用のスタンドや固定用のアームなどもありますので、活用することで腕に負担をかけずに目線を変えることができます😊

30分に1回は手元ではなく遠くを見るようにしましょう。

その時は首が突き出していないか注意しましょう。

ただ、ストレートネックの度合いによっては

常に首に負荷がかかりやすくなっているので

症状がずっと続く場合もあります!

その場合は、当院にご相談ください!

一例として、これらの治療があります。

 

 

【ストレートネックへの治療法】

まずは姿勢を見て、負荷のかかりやすいところを確認します。

その後、症状の度合いによりますが血流の悪いところを刺激するのに

はり治療を行うことが多いです。

はりを入れることで、身体はその異物に反応して血流を集めてくれます。

ここが悪いですよ、と身体に教えるようなイメージですね😄

はり治療は対症療法として、頭痛やだるさを落ち着けるために使いますが、

根本的な症状の改善には骨盤矯正を行います。

頸椎や腰椎などが載っている骨盤の歪みを改善し、頭の位置が骨盤の上に来るようにします。その後、その状態を維持するために骨を支えるインナーマッスルを鍛えることで首に負荷が集中しない姿勢を目指していく、といった治療です。

いかがでしたでしょうか?

猫背だけでなく、ストレートネックと言われたことがある、上記の症状や状況が当てはまるといった方は、一度当院にご相談ください❗️

お待ちしております🤗ここまで読んでいただき、ありがとうございました

 

 

すぐる整骨院はSNSでも定期的に役立つ情報などを発信しています!

ぜひフォローや友達追加をして、私たちや院のことを知っていただければ嬉しく思います❗️

下の写真やアイコンをタッチしてもらえればそれぞれのサイトに飛んでいきます✈︎💭

 

 

当院のホームページになります!

いろいろな情報をブログであげていたり、院の情報など載ってます😄

 

 

すぐる整骨院の公式LINEを友達追加!

ここから予約が取れたり、予約状況や役立つ情報も確認できます!

治療方法や院内の雰囲気、イベント内容などいろいろな情報を発信してます!

 

 

 

鍼灸治療のことならこのページ!

口コミもよろしくお願いします🙇‍♂️

 

 

 

 

Googleの口コミも参考にしてくださいね。

また、ご来院の後には書いていただけると、助かります🙇‍♂️

 

 

 

すぐる整骨院

〒664-0864

伊丹市安堂寺町7丁目2-2

072-785-2788

 

当院は予約優先性とさせていただいております

ぜひお電話やLINEなどでご連絡お待ちしております😄