株式会社N&H

LINE 電話

NEWS お知らせ

すぐる整骨院|兵庫県伊丹市

お尻の痛みは、腰からきているかも?

新着情報

伊丹市安堂寺町、南野、野間、御願塚でお尻の痛みでお悩みの方はすぐる整骨院にお任せください!

 

ゴールデンウィークも終わり、しばらくは祝日のない日々が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

暑いと思えば寒くなり、朝冷え込んだと思えば昼から直射日光が降り注ぐといった不安定な天気が続いていますね💦

さて、近頃は腰痛に悩まされて来院される方が続いていますのでさらに細かい内容をテーマにしていきます。

ゴールデンウィーク中に部屋の模様替えをしていてベッドを抱えてから腰とお尻が痛くなったり、庭の土いじりをしている際にしゃがんでいて腰を痛めた、という患者様もおられましたので今回はお尻の痛みと腰の関係性についてお話したいと思います😊

 

【腰とお尻の関係性】

私たちが普段お尻と認識している部位には骨盤があり、たくさんの内臓が収まり身体を支える土台となっています。

骨盤の上には背骨があり、骨盤の真上に位置するのは腰椎です。

痛みを感じるのは骨でも筋肉でみなく、それらの中を通る神経です。

お尻を通る神経は腰から出ているので、お尻の痛みは腰から来ている可能性が高いのです。

普段デスクワークをされている方は座っている時間が長くなりがちです。

リモートワークであっても、座っている時間は長いと言えるでしょう。

座る時間が長いほどに同一箇所への負荷は集中し、また姿勢も悪くなりがちです。

そうなってくると腰やお尻にも力がかかってきます。

お尻には腰から出た神経が通っていて、腰への負荷または骨盤への負荷が過大になることによって痛みや痺れが出ることがあるのです。

しゃがむ動作が続くと腰やお尻に痛みが出ることもあります。

以前であればしゃがみ動作といえばトイレでもありましたが近頃はショッピングモールなどでも洋式便器が増えていますね。

全国の小中学校でも2020年時点で57%のトイレが洋式化しているというデータがあり社会人になったばかりの若い方でも洋式便器を使うことが多かったのではないでしょうか。

反面、しゃがむことが日常から減少していることになります😰

しゃがむことがないということは、立ち上がる機会も減ることに繋がります。

筋肉というのは使わなくなれば弱くなるため、支える筋肉が弱くなればしゃがみ動作やしゃがんだ後の立ち上がり動作が苦痛になってくるのです。

 

 


【坐骨神経痛とは】

筋肉を痛めたのではない場合の痛みとしては坐骨神経痛が考えられます。

坐骨神経に対して歪んだ骨や軟骨が圧迫を続けてしまい起こる痛みです。

坐骨神経とは手の親指ぐらいの太さをもち、人体で最も太い神経です。

腰から出てお尻から太ももにかけ、ふくらはぎを通り足のつま先まで続いています。

痛みとしては鋭く電気が走るようなビリッとした痛みで、時に痺れ感にもなり、身体を動かした時に痛むことが多いです。

坐骨神経痛そのものは病名ではなく、症状のことを指しています。

原因となる疾患は腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症で、長時間の座り作業や筋力の低下によって前述の症状を起こし痛みに繋がるのです。

 


【梨状筋症候群】

坐骨神経の痛みがお尻に出やすいものとして特徴的なのが、梨状筋症候群です。

坐骨神経が骨盤を通って太ももへ向かう際、トンネルの出口にあたるところがお尻にある梨状筋という筋肉です。

こちらは普段柔らかいですが、長時間の座り作業や中腰での作業(草引きなど)が続いていると負荷により固くなってきます。

自身では触知するのは難しいですが、固くなっている状態だと他者からは触れやすくなります。

症状としてはお尻の外側から太ももの後面にかけての痛みや痺れがみられることがあります。

長時間同じ姿勢をとっていると、例えば長時間の車の運転やゴルフなどが長時間続いても症状が出る場合もあります。

反面、歩くと楽になりやすいので動き回っていれば気にならないという特徴もあります。

MRIやレントゲンなどの検査で見つけることはできません。

【座り姿勢、立ち姿勢を見直す】

上記の症状から痛みを治療していく際には座っている時の姿勢と立っている時の姿勢が重要になってきます。

 

お腹を突き出して腰が反り、出っ尻になってはいませんか?

あるいは背中が丸くなり、肩や首を突き出していませんか?

 

簡単な確認法としては、踵はつけず壁に頭や背中、お尻をつけて気をつけの姿勢で立ってみましょう。

その時に腰の後ろに手が抵抗なく入ると背中が反っていることになります。

座った姿勢も同様に、反り腰であれば椅子と腰の間に隙間が生じます。

猫背であれば背中が丸くなってお尻が後ろに倒れて身体が『ノの字』になりやすいです。

背骨が曲がっているから姿勢が悪い、と判断しがちですが背骨が載っているのは、土台である骨盤なのです。

骨盤が前に倒れていればお腹を突き出して腰が反ることになりますし、骨盤が後ろに倒れていれば猫背になりやすいのです。

その状態が長く続くと腰椎がずれたり骨そのものが変形してしまうと足に力が入らなくなる、排尿が困難になるなどのリスクも生じます。

立った姿勢も、座っている姿勢も案外と自覚出来ていないものです。

当院では写真を使った姿勢チェックも行っておりますので、気軽にご相談くださいね。

猫背や反り腰が気になる方は骨盤矯正治療を希望している旨をご予約の際にお伝えください。

腰やお尻の痛みは原因によってはなかなか取れにくく、マシになったと思っても再び強くなるため、しっかりと治療していく必要があります。

当院は祝日、土曜日も夜19:30まで受け付けております。

本日は最後ご覧いただき、まことにありがとうございました😊

 

すぐる整骨院はSNSでも定期的に役立つ情報などを発信しています!

 

ぜひフォローや友達追加をして、私たちや院のことを知っていただければ嬉しく思います❗️

 

下の写真やアイコンをタッチしてもらえればそれぞれのサイトに飛んでいきます✈︎💭

 

当院のホームページになります!

いろいろな情報をブログであげていたり、院の情報など載ってます😄

すぐる整骨院の公式LINEを友達追加!

ここから予約が取れたり、予約状況や役立つ情報も確認できます!

治療方法や院内の雰囲気、イベント内容などいろいろな情報を発信してます!

鍼灸治療のことならこのページ!よければ口コミもよろしくお願いします🙇‍♂️

Googleの口コミも書いていただけると、助かります🙇‍♂️

 

すぐる整骨院

〒664-0864

伊丹市安堂寺町7丁目2-2

072-785-2788

当院は予約優先性とさせていただいております。

ぜひお電話やLINEなどでご連絡お待ちしております😄

他のお知らせ NEWS

もっとみる
お知らせ
2018/01/09

むくみ、フェイスライン、美顔鍼などの美容のお悩みも!

お知らせ
2019/01/15

冷え性の原因は自律神経にある?!

お知らせ
2018/09/21

花粉症と鍼治療について

お知らせ
2018/10/19

腱鞘炎・手首の痛みについて