2018/08/06
膝痛 O脚 膝が伸びにくい 階段が辛い 変形性膝関節症 などでお困りの方はぜひ伊丹尼崎のすぐる整骨院へ!整体 EMS 鍼治療 美顔鍼

伊丹市 安堂寺町 南野 野間 野間北 車塚 南鈴原 稲野

[変形性膝関節症]

-症状-
男女比は1:4で女性に多くみられ、高齢者になるほど罹患率は高くなります。主な症状は膝の痛みと水がたまることです。
初期では立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時のみに痛み、休めば痛みがとれますが、正座や階段の昇降が困難となり(中期)、末期になると、安静時にも痛みがとれず、変形が目立ち、膝がピンと伸びず歩行が困難になります。

-原因-
原因は関節軟骨の老化によることが多く、肥満や素因(遺伝子)も関与しています。また骨折、靱帯や半月板損傷などの外傷、化膿性関節炎などの感染の後遺症として発症することがあります。
加齢によるものでは、関節軟骨が年齢とともに弾力性を失い、遣い過ぎによりすり減り、関節が変形します。

-予防・対策-
膝痛を放置しておくと、炎症が続いて軟骨や骨が徐々に傷んできます。O脚が進行するところまでいってしまうと、軟骨への負担がさらに強まるので、なかなか元へ戻せません。まずは改善・予防として痛み始めの段階で修正することが大切です。
そこで、効果的なのは筋力をつけることです!
筋肉を鍛えると、膝の痛みが緩和します。これは筋肉がしっかりすることで、関節が安定した状態で動き軟骨のすり減りを抑えられるからです。軟骨の磨耗を防ぐには、筋力を鍛えることが効果的です。膝関節に関する筋力の動きは主に3つの役割があります。
①関節を動かす ②関節を安定させる ③関節面への衝撃を緩和する

その他の予防としては、体重の減量 膝関節を冷やしすぎない(温める)など膝関節への負担を軽減してあげることが重要です。

膝の痛み 変形性膝関節症の痛みでお困りの方は放置せずに適切な治療をし早めの対策をしていきましょう!

交通事故、矯正、マッサージ、肩こり、腰痛なら
すぐる整骨院
http://www.suguru-itami.com/
伊丹市安堂寺町7-2-2
072-785-2788