2018/02/08
足の裏の痛み 立ち仕事がつらい 土踏まずの痛みがある方は伊丹尼崎のすぐる整骨院へ!

立ち仕事で、足の裏が痛くなった事はないでしょうか?朝起きて床の上立ったとき、足の裏に痛みを感じた方も要注意です!実はそれ“足底筋膜炎”かもしれません。

本日来院の
Tさん 男性 56歳 美容師

立ち仕事をしていて、まず考えられるのは、足首の関節が固い人は足の裏に余計な負担がかかっていることがあります。
そもそも足首には、足にかかる衝撃を吸収してやわらげる機能があります。ランニングやジャンプのときは特に顕著で、足首が固いと上手く衝撃が吸収できず、足の裏に負担がかかってしまいます。長時間の立ち仕事でも、これと同じことが起きている場合があります。
同じように、土踏まずがなく足の裏が地面にペッタリとついてしまう、「偏平足(へんぺいそく)」の人も足の裏が痛くなりがちです。土踏まずもまた、衝撃をやわらげるための構造になっているので、ここの凹みが少ない人はその分、足の裏にダメージを受けやすくなっています。
さらに、骨盤が歪んでいる人もカラダのバランスが崩れているために、どちらかの足に負担がかかってしまいます。靴が合っていない人、姿勢が悪くてカラダの重心に偏りがある人は、徐々に骨盤が歪んでいき、その結果、足の裏の痛みにつながる恐れがあります。
偏平足によって起こりやすいのが「足底筋膜炎」です。

足底筋膜炎とは、足の裏の指の付け根からかかとの骨あたりまでを覆う、幅広で薄い膜のような形状の腱のことです。本来、足の甲の骨は弓の形のようなアーチ状になっており、足底筋膜はそのアーチ状の骨に対して、弓の弦のように張って体重を支えています。
この足底筋膜が炎症を起こすのが足底筋膜炎で、かかとの骨の少し前の部分を押すと痛い、朝起きてすぐに歩き出すと足の裏が痛いと感じ、少し経つと痛みがやわらぐ、といった症状が見られます。
偏平足の人は足の骨のアーチが低く、クッション性能が悪いために、この足底筋膜に負担がかかりやすくなっています。

足裏の マッサージや靴底のインソール、骨盤の歪みを正し姿勢の矯正が有効となります。

立ち仕事やよく歩くことで、足の裏に痛みを感じたら是非当院へご相談下さい。
あなたのお悩み解決いたします!

伊丹市 安堂寺町 南野 野間 野間北 車塚 南鈴原

交通事故、矯正、マッサージ、肩こり、腰痛なら
すぐる整骨院
http://www.suguru-itami.com/
伊丹市安堂寺町7-2-2
072-785-2788