2018/03/08
ばね指 腱鞘炎 指の痛み 指の曲げ伸ばしが痛い 手の痛み 等でお困りの方は是非伊丹尼崎のすぐる整骨院へお越し下さい!整体 テーピング 筋力トレーニング

伊丹市 安堂寺町 南野 野間 野間北 車塚 南鈴原

手をよく使う方によく見られる指の付け根の痛み、指を曲げ伸ばしする時に痛む。または引っかかる感じがある。それって『ばね指』『腱鞘炎』かも…

指は腱によって曲げ伸ばしをすることができます。手を握ったりする強い力を発揮する筋肉は前腕にありその力を腱が伝えます。その通り道で指を曲げる屈筋腱が浮き上がらないように押さえているのが靱帯性腱鞘(じんたいせいけんしょう)と呼ばれるものです。丁度、その構造はベルトとベルト通しの関係に似ています。

この靱帯性腱鞘は指の部分にありますが、それが終わる指の付け根付近に力がかかり炎症を生じやすいところがあります。 その部分の腱や腱鞘が炎症を起こし、“腱鞘炎”になり、さらに進行すると引っ掛かりが生じばね現象が起こります。 これを“ばね指”と呼んでいます。

更年期の女性に多く、妊娠出産期の女性にも多く生じます。手の使いすぎやスポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのも特徴です。糖尿病、リウマチ、透析患者にもよく発生します。母指(親指)、中指に多く、環指、小指、示指にもよくみられます。

中には別の主訴で来院されていて、よく話を聞いていると、これらの症状を訴える患者さんもいらっしゃいます。

要は使いすぎによる、患部の炎症症状です。
出来るだけ、指を休ませてあげることが肝心です。

負担がさらにかからないように、腕の筋肉をマッサージしてあげることや、テーピングでの固定も有効です。

やり方のわからない方は、相談だけでも結構です。スタッフませお問い合わせください!

交通事故、矯正、マッサージ、肩こり、腰痛なら
すぐる整骨院
http://www.suguru-itami.com/
伊丹市安堂寺町7-2-2
072-785-2788